自分に合う美脚パンツを選ぶには

美脚パンツの選び方のポイントは3つです。1つ目は自分の体型に合ったものを選ぶこと。美脚パンツはどれを履いても美脚に見えるわけではありません。自分の体形のカバーしたいところをよく意識し選びましょう。お腹周りが目立つ人はウエストはボタンよりもゴムを、太ももやふくらはぎをカバーしたい人はスキニーやスリムパンツよりもテーパードパンツを選びましょう。2つ目は履きやすく動きやすいこです。美脚パンツはほとんどがストレッチ素材が効いていて履きやすく動きやすいですが、実際に履いてみると思ったより太ももが張ってしまったり、股上が着心地が悪かったりと様々です。美脚パンツは股下のサイズを選べる商品も多いですが、サイズ展開が少ないと自分にちょうど合うパンツも見つかりません。足首の見せ具合によって、足を細く長く見せるポイントにもなります。サイズ展開が豊富な商品を選びましょう。通販での購入はなるべく避け、試着のできるお店での購入をおすすめします。3つ目はデザインです。美脚パンツの特徴でもある足長効果を最大に生かすためにも柄物は選ばないことにしましょう。ストライプ柄など足が細く見える柄もストレッチ素材では逆効果です。柄よりもセンタープレスのあるパンツのほうが足を細く見せてくれます。色々な美脚パンツを試して自分に合うものを選びましょう。

大人のスカート選び

何歳になっても、どんな環境でも、女性らしいおしゃれを楽しみたいものですよね。
女性にとってスカートは、何歳になっても楽しみたいファッションアイテムだと思います。
若い頃は自分の着たい洋服を身に着けて、何も気にせずおしゃれを楽しんでいても、年齢を重ねると、遊ぶ場所も交友関係もこれまでとは違ってきますし、それまでと同じ感覚で洋服を選んでいると、何かが違う…と感じることもあります。
筆者も、10~20代の頃はミニスカートやダメージ加工された生地の物など、好きな洋服を自由に着ていました。しかし社会人になり、結婚して子どもが産まれ、親としての立場になってからは選び方を変えました。
私が親になって重視したのは、どこで誰と出会っても悪印象を与えないことです。それには清潔感がポイントです。
価格が高価である必要はないと思います。ボトムスであるスカートは特に汚れやすいので汚れが落としやすい素材にすること(いつも清潔に保つ)、白や紺・ベージュなど落ち着いて上品な色合いにすること、ペラペラの素材ではなくしっかりとした質感の生地にするなど、お金をかけずに清潔感を与えられるポイントはいろいろあります。
加えて、育児中の場合には動きやすさも重要です。
ひらひらしたスカートがめくれて気を取られ、子供が危ない時などに動きが遅れては大変です。自分の身動きをスムーズにすることで、子供や周りの動きに集中できますし、余計なストレスも無くなります。
洋服選びにはデザインも大切ですが、大人になると人に与える印象や過ごしやすさも大切になります。大人のスカート選びに「清潔感」と「動きやすさ」もポイントとして加えてみてはいかがでしょうか。

何かと映えるワンピース

毎年、デザインや形を変わっても女性に人気なのは、何と言ってもワンピースの着痩せ力は凄くぽっちゃり女性でもではないでしょうか。今年もやはり注目したいのはコレ!、ワンピースです。可愛らしさから大人の魅力を引き出すナチュラル系のワンピースを通販で女性のいいところを引き出してくれるのがワンピースです。私が特に注目するのは、素材・色です。色は、やさしくふんわりとした印象を演出してくれる色がおススメです。夏の暑さを和らげてくれる、爽やかなカラーのミントや、年齢問わずナチュラルに仕上げてくれるサンドカラーが特に気になります。素材は、夏にぴったりリネン素材がいちばんです。さらっと涼しく着こなすことができるのが嬉しいです。デザインとしては、短めよりは長め、マキシ丈が人気のように思いますが、真夏の暑さでマキシ丈はやや重め?と思いきや、おススメの爽やか&ふんわりカラーで、暑苦しさは感じません。また、リネン素材であれば、軽くやわらかい風合いを活かしてシンプルに着こなすことで、真夏を乗り切ることができます。ワンピースにレギンスやパンツを合わせることもトレンドですが、マキシ丈のリネン素材ワンピースを際立たせるためにも、一枚でシンプルなファッションを楽しむことが一番です!色や形に丈が違えば、同じワンピースでも雰囲気は変わります。タイプの違うワンピースを数枚揃えておくと、この夏は重宝すること間違いなしです。

年齢に応じた服選びのコツとは!

年齢に応じた服選びのポイントを理解しておくことで上手に洋服を着こなせるようになります。20代・30代・40代など年齢別によって体型も大きく違いが出てきます。やはりアラフォー世代になると体型が区崩れ、お腹・お尻周りに脂肪がつき、全体的にお肉が垂れてくるのでどうしても体型カバーするような服装になります。そうした時、20代など若い世代は、ボディのラインがわりとハッキリした洋服を着こなすことで若さも感じますし、フレッシュな感じを演出することができるので、年齢にあった服装選びは肌の露出度や組み合わせによって変化を出します。特に若い世代は、ショートパンツなど似合うので、暑い時期など取り入れてみるとよいでしょう。かなりスッキリとした雰囲気になり、若さをアピールすることができます。アラフォー世代になったら大柄のデザインなど用いた服装を着たり、上質な素材でできた洋服選びなど様々な組み合わせをすることで、かなり素敵な大人ん女性になります。シンプルなシャツとスキニーで合わせるのもよいですし、ベルトやスカーフを活用しておしゃれな雰囲気を演出するなど、年齢に応じた組み合わせを行うことでスッキリした体型に見えます。

子供から大人にかけての服装の変化

おそらく、というよりほぼすべての方は子供の時の写真を見て、昔はこんな格好をしていたのか、なんてダサい、などと思ったことがあると思います。ダサいというのはもちろん年齢が変化したから、または流行が変化したからそう見えるだけですが。子供のころ、特に幼稚園から小学生にかけてほとんどの女の子は母親が選んだ服で過ごしていたのではないでしょうか。子どもはとにかく遊ぶのが好きで学校が終われば外にでかけたりと動きやすい服とスニーカーで暮らしてたと思います。しかし中学生に入るとどうでしょうか。とつぜん制服というものが出てきて先輩たちがなんとなく大人可愛いパンツを選んでナチュラルなオシャレをに見えてきます。そうなると母親が選んだ服なんて着てられません。修学旅行のために自分が思うオシャレな服を着ることが多くなるでしょう。制服を改造してスカートを短くしたり、ルーズソックスを穿いてみたりした世代もありますね。とにかく高校までジャージは部活動のみ着てあとは制服か、自分の好きな格好になります。大学に行けばよりイケイケな感じを出したくなってトレンドを追いかけるようになると思いますが、これが就職すると一律スーツ、またはビジネス用に大きいサイズのオフィス用カジュアルファッションをになってしまうのもおかしなことです。ここからは普段スーツしか着ない人たちは、休日にはリラックススタイルになってしまいます。年齢と共に選ぶ服もこのように変化していくのはみな同じ、ある程度の年齢で子供の時と同じ格好のほうがおかしいですからね。

お洒落なママコーディネート

子育て中のママは、日々子育てに追われており、なかなかお洒落をする事が出来ない方が多いと思います。そんな、忙しい子育てママでもお洒落なコーディネートが出来るアイテムがたくさんあります。日々が忙しくてお洒落が出来ないママが多いですが、お洒落コーディネートのポイントを抑えておく事で時間をかけずに服を選ぶ事が出来ます。ポイントとしては、どんな服にも合わせると事が出来るベーシックな服を選んでおくと忙しい時でも手軽にお洒落コーディネートが出来ます。着回しがしやすいアイテムがたくさんあれば、ベースにしてトレンドとなっているアイテムを組み合わせるだけでお洒落なコーディネートが出来ます。ベーシックアイテムとトレンドアイテムを揃えておけば、お出かけする際にも着る服に困る事が無く安心です。また、シーズンごとに都度、服を購入しなくても良くなるメリットがあります。着回しがしやすく、トレンドアイテムと組み合わせやすいベーシックアイテムをいくつか持っておくとお洒落なコーディネートが手軽に実現出来ます。子供と行動をともにするため、出来るだけ動きやすい服装にされるママも多いです。動きやすい素材の服にもシンプルかつお洒落なアイテムが多いため、複数点のアイテムを持っておくとコーディネートしやすいです。

体を大切に、そしてナチュラルに。

私は45歳の女性です。
身長の割にやせている方ですが、やはり、若いころに比べると、体の線があまりきれいではなくなってきました。以前は、体のラインが出るコーディネートも好きだったのですが、現在は着用することはほとんどありません。
かわりにといっては何ですが、「首」がつくところ、手首・足首、そして首を冷やすと、体調不良になるという年齢的な問題を抱えるようになりました。
そのため、よほど暑いときではない限り、タートルネックのTシャツやセーターを着用、レッグウォーマー、ハンドウォーマーの着用を余技なくさせられるようになりました。冷え対策です。…正直、流行のコーディネートではないときがあります。
そこで、「ナチュラル」系のコーディネートをすることによって、この冷え対策をおしゃれに見せるように、いつも努力しています。
長いワンピースにレギンスを合わせることで、レッグウォーマーをアクセントにします。また、あえて体にフィットするパンツを履いて、その上にレッグウォーマーを合わせます。「冷え対策」と思われないよう、レッグウォーマーは目立たない地味なものではなく、ナチュラルな中にあえて鮮やかな色だったり素材のよいものを選びます。
タートルネックは、ワンピースのインナーに利用します。あまり色が同系色になってしまわないよう、ワンピースなどとは反対色を選んでいます。
ほかはナチュラルに、そして冷え対策のものを、わざとアクセントとしてレッグウォーマーやタートルをあわせるのです。
そのことで、レッグウォーマーが「おしゃれなコーディネート」の一つになると思うのです。
実際、「暑くない?」と聞かれるときはありますが、「いつもおしゃれだね」とも言われます。レッグウォーマーが冷え対策のものと思われないことに成功していると思います。
私のコーディネートは、あくまで体にやさしく、そして年齢を感じさせないようにナチュラルに、自然体であるようにすることです。

40代、50代のオシャレ。

歳をとるほどにおしゃれに疎くなっていく。子育てや家事、仕事が忙しくてお洒落なんてしてられないよ。という方は多いですよね。しかし実際は歳をとるごとにお洒落は重ねなくてはなりません。若いうちは安いものを着ていても大しておかしく思えませんが、歳をとると汚く見えてしまうという事があります。今回は男性のおしゃれに関して書かせていただきます。

実を言うと服装を格好良く整えると歳を重ねた男性の方が、若い男性よりも格好良く見えるものなんです。特にさらっと一部分にピンクやグリーンなど差し色の小物を使えたり、ジャケットを羽織っても腰高でおさまる着丈のものを羽織っていたりするとシュッと見えて、若い頃にはなかった格好よさが出ます。特にポイントは無彩色ばかりでを使用しないで暖色系のアイテムを活用できるかと言う事です。

これからの夏のおすすめですは、細身のシルエットパンツにインナーを腰高で揃えてわざとベルトを見せて軽い羽織物をしたり、ラルフローレンやブルーレーベルなどで扱っているようなセンスの良い短パンなんかを合わせてアウターは同ブランドのシャツなんかを羽織るだけでも格好いいんです。大切なのはサイズ感ですので必ず試着をして、体に対してダボつきすぎないようなサイズの洋服を選ばない事です。

少しではありましたが今回は40代、50代のオシャレご紹介させていただきました。最後までお付き合いいただきまして本当にありがとうございます。

好き。似合う。使いやすい。

なかなかお気に入りの服が見つからず、店頭で物色するも、「今日はやめておこうかな…。」と引き返す皆さん。安さに惹かれて何となく購入したものの、「似合わなかった…。」「合わせる服がなかった…。」と結局タンスの肥やしにしてしまった皆さん。思い切って高いものを買ったのに、「意外と使い勝手が悪かった」と後悔のほうが大きくなってしまった皆さん。本気で服選びしてますか?自分にとって「お気に入り」「殿堂入り」な服を見つけるのに重要なのは、「好き」「似合う」「使いやすい」の徹底的なマッチングだと私は思います。買ったことがなくても良い。思わず足を運ぶお店はありませんか?雑誌を読んだり、切り抜いたりして好きなテイストを見つけるところからでも良いのです。まずテイストを統一するために、1店舗見つけて下さい。さぁ、見つけた1店舗に、「必ず買うぞ!」と決めて行きましょう。予算はしっかり組みましょう。あえて定価で買うつもりで、シーズン前に行きましょう。まずスタンダードで着まわしの出来るものを揃えるつもりで行けば、コスパも良いと感じるかもしれません。次に重要なのは「試着」です。気になるものは、全部着ましょう。「買う」ので試着も気が引けません。「使いやすいか」も、この時点である程度わかります。自分の目で「好き」「似合う」を厳選したら、店員さんにも見てもらいましょう。「色が選べない。」「このテイストが好きなんだけど、これは似合わなかった。」「買う」のでばんばん相談しましょう。「それなら…。」と、色々提案してくださいます。思わぬ品をご提案いただのに、意外と似合って気に入った…なんて時もあり、さすが服選びのプロ。侮れません。私の場合は、これをきっかけに、長く使えるお気に入りが増えてゆきました。そのうち、「素材」「洗濯のしやすさ」「流行のもの」「他の店」…と、どんどん、こだわりが広がって、服選びが楽しくなって来ると思います。

必ずサイズチェックに時間かける

通販で洋服を買う時に失敗してしまう一番の理由は、「サイズを把握せずに購入してしまう」ことです。
ただ単にサイズを間違えてしまったという失敗も多いのですが、「いつも通りにLサイズを購入したのに大きかった」「なんかイメージしてたのと違う…」という失敗も意外と多いんですね。
サイズをアバウトに確認した状態で洋服を購入してしまうと、「着れるのは着れるけど、着こなせない」という最悪な状態を招いてしまうんです…。
私がそんな失敗をたくさん繰り返したうえで、通販で洋服を購入するのに心掛けているのが、面倒でも必ず「サイズチェックに時間をかける」ことです。
まずは、自分のウエストや太ももの太さなど、自分の身体を細かく測定してメモしておきます。
そして、よくネットのサイズ表記に書いてある「身丈」や「渡り幅」がどの部分を指しているのかをしっかりと把握しておきます。
特に私がよく失敗していたのが、オーバーサイズのボーイフレンドデニム。
「MサイズとLサイズの太ももの太さが一緒だ…。お尻に余裕があるほうがいいからLサイズを買っておこう。」と購入した結果、お尻が大きくて太って見えるボーイフレンドデニムが届くということが、多々ありました(笑)
同じ失敗を繰り返さないように、サイズチェックにこれでもかというくらい時間と手間をかけるようになった結果、自分の理想通りの洋服がゲットできるようになりました☆