秋は紫色が流行する

毎年流行りのカラーはどんどん変わっていきますが、2019年の流行ファッションは大きいサイズ専門店の新着ページを紫色が流行の兆しです。「ミレニアル・パープル」という色で、秋らしく落ち着いた大人っぽい色の洋服を各ブランドが出しています。
ミレニアル・パープルのスカートを大人のコーディネートには日本人の肌にもなじみが良い色なので、この秋は積極的に取り入れていきたいですよね。丈の長いワンピースなどで、サラリと大人っぽくおしゃれに着こなすのがおすすめです。
パープル一色でも大人っぽくて素敵ですが、メリハリが欲しい方はビビッドなベルトやバッグなどを差し色に使っていくのがおすすめです。紫色は少しセクシーさのある落ち着いた色なので、着こなし方によっては大人っぽくなりすぎてしまいます。黄色や赤などの差し色を上手に使って、紫を着こなしてくださいね。
また、若い女性にとっては大人すぎる色で、「背伸びしている感じが恥ずかしいかも…」と思ってしまう方もいるかもしれませんね。ピンク寄りの可愛らしい紫や、ハッキリとした濃い紫を取り入れることで、体型をカバーできる大人可愛いナチュラルファッション色のパープルも若い雰囲気に変わります。ぜひ試してみてくださいね。
2019年秋の注目の色は紫。落ち着いた大人の色を上手に使い、大きいサイズの女性も着痩せ服で秋のコーディネートを楽しんでくださいね。

気になるから隠したい

気になるから隠したいと思う。これは普通の思いだと思います。気になる箇所は人それぞれ。ですから冬も体型を隠せるニットワンピースなら大きいサイズの女性にも方もそれぞれで良いと思います。私の場合はオシリですね。上半身はMサイズで大丈夫でも下半身はLサイズ。年齢を重ねるごとに大きく育った腰回り、オシリ周り。私の場合、上半身が下半身に比べるとコンパクトな感じですので、選び方によってはオシリがより大きく見えてしまいます。最近気になるのはプリーツスカート着用時のオシリ。なんだか以前より大きく見える気がするのです。そこで、パンツを穿いてみる事にしました。小さく見えるかと とりあえずはピタッとしたモノを。ダメですね。なんとも恰好が悪い気がします。おかしくは無いと思うのですが、自分が思っている感じではありません。そこで、以前は大人になってオシリが大きく見えるのでワイドパンツをコーディネートには?と敬遠していたタック入りのパンツ。シルエットは足元に向けて若干細くなっているタイプ。着用する前に眺めてみるとオシリの周りにゆとりを持たせたデザインになっています。どうかな?余計に大きく見えるかも。実際着用してみると、これがどうでしょう。目立って大きく見えないのです。穿いている自分自身もオシリ周りが楽です。下半身をカバーしたい、特にオシリ周りを・・と考えコンパクトなデザインを選ぶよりも、それに沿ったデザインを選ぶ。この事で下半身を想像以上にカバー出来ていました。気なるから隠したい。カバーしたい。だったら思い切ってそれにあったデザインを選んでみる。案外うまくいくかもしれません。

スカートか和服で体型カバー

パンツスタイルが一番難しいです。
とくにぴったりするタイプのパンツはどうもよくないです。
脚の太さもそうですが、おしりがどうしても気になりますよね。
ウエストががばがばなのに太ももで入らないということが何度あったか分かりません。
スカートは意外と何でも履けます。
ものすごいミニ以外は脚は出した方がほっそり見えるからです。
足が長く見える効果もあります。
それが嫌ならば、膝が隠れるくらいのスカートがいいと思います。
膝がちょうどすべて見えるくらいの長さだと、一番太いところが見えるので太く見えるかもしれません。
ロングスカートで縦長を強調するといいと思います。
ただおなかが気になる場合は全体が大きく見えるかもしれません。
あと、意外とプリーツも上手に使うと細見えすると思います。
そして、そもそもやめると体型はあまり気になりません。
夏になると着たくなる大きいサイズの浴衣などの和服は脚が気になっても大丈夫です。
袴なんかも足が完全にカバー出来るので気に入っています。
そのほかだと、ロングカーデガンなどで縦長のラインを作りつつ、おしりをカバーすれば、いろいろなファッションが楽しめると思います。
似たタイプの洋服だと、ワイドパンツとか、今はやっている形だと思うのでとてもいいと思います。