着痩せするワイドパンツコーデ

昨今大人気のワイドパンツ。トレンド感を醸し出すのはもちろん、気になる部分別にスタイルもよく見せるコツをご紹介いたします。
・ガッチリした肩幅が気になる方
男っぽいたくましさのある肩幅が気になる方は、メリハリをつけて女性らしいシルエットを構築しましょう。ワイドパンツは幅がしっかり太く、できれば袴のようにウエストはスッキリしたものを。トップスは体が適度に泳ぐような緩めのシャツかボーダートップスなどをタックインして肩抜きで。ゆるっとしたトップスでガッチリ肩幅を隠しつつウエストがスッキリ見えてメリハリが生まれます。
・寸胴体型がイヤ!ウエストの太さが気になる方
太くてメリハリのないウエストが気になっている方は、ウエスト周りは全て隠してしまいましょう。ワイドパンツに合わせて、お尻周りまでくるビッグシルエットシャツやカットワンピースを合わせて、お腹周りを完全カバー。以前はNGシルエットだったゆる×ゆるのシルエットも、今なら断然あり。
・象のようなむくむくした脚が嫌い!脚の太さが気になる方
むくみやすく脚の太さが気になる方には、ワイドパンツはうってつけのアイテムですよね。ショート丈のやタイトめなトップスを選んで、上半身とのメリハリを出し、着痩せして見せましょう。ワイドパンツは太もも周りなどもゆとりのあるサイズ感を選美ましょう。
いかがでしたか?一人一人体型は千差万別ですが、自分の体の中で細い部分をより強調するような全体のバランスを考えると、驚くほど着痩せするワイドパンツコーデが完成します。引き続き注目の、ラクでおしゃれなワイドパンツ。是非お試し下さい。

ワイドパンツでお洒落に体型隠し

ワイドパンツを穿いている人を良く見かけるようになりました。先日、私はファストファッションのお店に行った時に、ワイドパンツがたくさん売られているのを見て、やはり流行のデザインなのだと思いました。テレビのファッション番組でも、ワイドパンツが選ばれていました。実際にワイドパンツを穿いている人を見ると、上手に体系隠しができていると思いました。脚が太いのが悩みの女性はけっこういると思います。私もその一人ですが、お尻や太ももだけではなく、ふくらはぎも太いのを隠すためにも、ワイドパンツはとても良いと思いました。ワイドパンツを穿くと、ほとんど脚の太さが気にならなくなります。また、生地の素材によっては、見た目がロングスカートのようになり、とても女性らしいファッションになります。ワイドパンツの生地の素材によって、季節感を出すことができるのも嬉しいです。私はスボラな方なので、洗濯をしてもシワになりにくいパンツが良いと思っています。ワイドパンツはたくさん生地を使っている分、素材によってはシワが目立ってしまうような気がします。なので、できるだけシワになりにくいものを選ぶことで、手入れも楽になると思います。私はワイドパンツを持っていませんが、この流行が続くようであれば、1着欲しいと思っています。

秋色ワイドパンツで着やせ美人に!

こんにちは。いよいよ8月に突入です!そろそろ服屋さんの店頭では「秋物ファッション」が並び始める季節です。とはいえ、まだまだ暑いのがこの季節。でも秋はすぐそこに来ています。そこで「今すぐに着れる秋のファッションで着やせしよう!」をテーマにおすすめアイテムをご紹介。今すぐ着れて着やせできる秋のアイテムベストは「秋色の大きいサイズのワイドパンツで着痩せコーデができちゃう」です。まだまだ暑いこの時期にはフワフワさらりとしたワイドパンツがおすすめです。しかも色はブラウンやマスタード、カーキなどの「秋色」をチョイスしましょう。秋をしっかり感じさせながら暑苦しくない着こなしを出来るのが秋色ワイドパンツの凄いところです。しかも、「Aラインシルエット」を作りやすい大人女性がオシャレに見えるオシャレなワイドパンツは非常に着やせさせてくれる「着やせ達人アイテム」です。ゆるめのカットソーに合わせても良し、リネン素材のシャツと合わせても良し、何にでも合わせることが出来るというのも秋色ワイドパンツの素晴らしいところです。ぽっちゃりさんでもオシャレの達人は見た目が細く見えるワイドパンツをしっかり秋を感じさせながらも暑苦しくなく、しかも「すっきり見せる」ことが出来る人です。きっと40代のあなたも秋色ワイドパンツやキュロットでオシャレの達人になれると思います!是非お勧めです。

秋は紫色が流行する

毎年流行りのカラーはどんどん変わっていきますが、2019年の流行ファッションは大きいサイズ専門店の新着ページを紫色が流行の兆しです。「ミレニアル・パープル」という色で、秋らしく落ち着いた大人っぽい色の洋服を各ブランドが出しています。
ミレニアル・パープルのスカートを大人のコーディネートには日本人の肌にもなじみが良い色なので、この秋は積極的に取り入れていきたいですよね。丈の長いワンピースなどで、サラリと大人っぽくおしゃれに着こなすのがおすすめです。
パープル一色でも大人っぽくて素敵ですが、メリハリが欲しい方はビビッドなベルトやバッグなどを差し色に使っていくのがおすすめです。紫色は少しセクシーさのある落ち着いた色なので、着こなし方によっては大人っぽくなりすぎてしまいます。黄色や赤などの差し色を上手に使って、紫を着こなしてくださいね。
また、若い女性にとっては大人すぎる色で、「背伸びしている感じが恥ずかしいかも…」と思ってしまう方もいるかもしれませんね。ピンク寄りの可愛らしい紫や、ハッキリとした濃い紫を取り入れることで、体型をカバーできる大人可愛いナチュラルファッション色のパープルも若い雰囲気に変わります。ぜひ試してみてくださいね。
2019年秋の注目の色は紫。落ち着いた大人の色を上手に使い、大きいサイズの女性も着痩せ服で秋のコーディネートを楽しんでくださいね。

気になるから隠したい

気になるから隠したいと思う。これは普通の思いだと思います。気になる箇所は人それぞれ。ですから冬も体型を隠せるニットワンピースなら大きいサイズの女性にも方もそれぞれで良いと思います。私の場合はオシリですね。上半身はMサイズで大丈夫でも下半身はLサイズ。年齢を重ねるごとに大きく育った腰回り、オシリ周り。私の場合、上半身が下半身に比べるとコンパクトな感じですので、選び方によってはオシリがより大きく見えてしまいます。最近気になるのはプリーツスカート着用時のオシリ。なんだか以前より大きく見える気がするのです。そこで、パンツを穿いてみる事にしました。小さく見えるかと とりあえずはピタッとしたモノを。ダメですね。なんとも恰好が悪い気がします。おかしくは無いと思うのですが、自分が思っている感じではありません。そこで、以前は大人になってオシリが大きく見えるのでワイドパンツをコーディネートには?と敬遠していたタック入りのパンツ。シルエットは足元に向けて若干細くなっているタイプ。着用する前に眺めてみるとオシリの周りにゆとりを持たせたデザインになっています。どうかな?余計に大きく見えるかも。実際着用してみると、これがどうでしょう。目立って大きく見えないのです。穿いている自分自身もオシリ周りが楽です。下半身をカバーしたい、特にオシリ周りを・・と考えコンパクトなデザインを選ぶよりも、それに沿ったデザインを選ぶ。この事で下半身を想像以上にカバー出来ていました。気なるから隠したい。カバーしたい。だったら思い切ってそれにあったデザインを選んでみる。案外うまくいくかもしれません。

スカートか和服で体型カバー

パンツスタイルが一番難しいです。
とくにぴったりするタイプのパンツはどうもよくないです。
脚の太さもそうですが、おしりがどうしても気になりますよね。
ウエストががばがばなのに太ももで入らないということが何度あったか分かりません。
スカートは意外と何でも履けます。
ものすごいミニ以外は脚は出した方がほっそり見えるからです。
足が長く見える効果もあります。
それが嫌ならば、膝が隠れるくらいのスカートがいいと思います。
膝がちょうどすべて見えるくらいの長さだと、一番太いところが見えるので太く見えるかもしれません。
ロングスカートで縦長を強調するといいと思います。
ただおなかが気になる場合は全体が大きく見えるかもしれません。
あと、意外とプリーツも上手に使うと細見えすると思います。
そして、そもそもやめると体型はあまり気になりません。
夏になると着たくなる大きいサイズの浴衣などの和服は脚が気になっても大丈夫です。
袴なんかも足が完全にカバー出来るので気に入っています。
そのほかだと、ロングカーデガンなどで縦長のラインを作りつつ、おしりをカバーすれば、いろいろなファッションが楽しめると思います。
似たタイプの洋服だと、ワイドパンツとか、今はやっている形だと思うのでとてもいいと思います。

自分に合う美脚パンツを選ぶには

美脚パンツの選び方のポイントは3つです。1つ目は自分の体型に合ったものを選ぶこと。美脚パンツはどれを履いても美脚に見えるわけではありません。自分の体形のカバーしたいところをよく意識し選びましょう。お腹周りが目立つ人はウエストはボタンよりもゴムを、太ももやふくらはぎをカバーしたい人はスキニーやスリムパンツよりもテーパードパンツを選びましょう。2つ目は履きやすく動きやすいこです。美脚パンツはほとんどがストレッチ素材が効いていて履きやすく動きやすいですが、実際に履いてみると思ったより太ももが張ってしまったり、股上が着心地が悪かったりと様々です。美脚パンツは股下のサイズを選べる商品も多いですが、サイズ展開が少ないと自分にちょうど合うパンツも見つかりません。足首の見せ具合によって、足を細く長く見せるポイントにもなります。サイズ展開が豊富な商品を選びましょう。通販での購入はなるべく避け、試着のできるお店での購入をおすすめします。3つ目はデザインです。美脚パンツの特徴でもある足長効果を最大に生かすためにも柄物は選ばないことにしましょう。ストライプ柄など足が細く見える柄もストレッチ素材では逆効果です。柄よりもセンタープレスのあるパンツのほうが足を細く見せてくれます。色々な美脚パンツを試して自分に合うものを選びましょう。

大人のスカート選び

何歳になっても、どんな環境でも、女性らしいおしゃれを楽しみたいものですよね。
女性にとってスカートは、何歳になっても楽しみたいファッションアイテムだと思います。
若い頃は自分の着たい洋服を身に着けて、何も気にせずおしゃれを楽しんでいても、年齢を重ねると、遊ぶ場所も交友関係もこれまでとは違ってきますし、それまでと同じ感覚で洋服を選んでいると、何かが違う…と感じることもあります。
筆者も、10~20代の頃はミニスカートやダメージ加工された生地の物など、好きな洋服を自由に着ていました。しかし社会人になり、結婚して子どもが産まれ、親としての立場になってからは選び方を変えました。
私が親になって重視したのは、どこで誰と出会っても悪印象を与えないことです。それには清潔感がポイントです。
価格が高価である必要はないと思います。ボトムスであるスカートは特に汚れやすいので汚れが落としやすい素材にすること(いつも清潔に保つ)、白や紺・ベージュなど落ち着いて上品な色合いにすること、ペラペラの素材ではなくしっかりとした質感の生地にするなど、お金をかけずに清潔感を与えられるポイントはいろいろあります。
加えて、育児中の場合には動きやすさも重要です。
ひらひらしたスカートがめくれて気を取られ、子供が危ない時などに動きが遅れては大変です。自分の身動きをスムーズにすることで、子供や周りの動きに集中できますし、余計なストレスも無くなります。
洋服選びにはデザインも大切ですが、大人になると人に与える印象や過ごしやすさも大切になります。大人のスカート選びに「清潔感」と「動きやすさ」もポイントとして加えてみてはいかがでしょうか。

何かと映えるワンピース

毎年、デザインや形を変わっても女性に人気なのは、何と言ってもワンピースの着痩せ力は凄くぽっちゃり女性でもではないでしょうか。今年もやはり注目したいのはコレ!、ワンピースです。可愛らしさから大人の魅力を引き出すナチュラル系のワンピースを通販で女性のいいところを引き出してくれるのがワンピースです。私が特に注目するのは、素材・色です。色は、やさしくふんわりとした印象を演出してくれる色がおススメです。夏の暑さを和らげてくれる、爽やかなカラーのミントや、年齢問わずナチュラルに仕上げてくれるサンドカラーが特に気になります。素材は、夏にぴったりリネン素材がいちばんです。さらっと涼しく着こなすことができるのが嬉しいです。デザインとしては、短めよりは長め、マキシ丈が人気のように思いますが、真夏の暑さでマキシ丈はやや重め?と思いきや、おススメの爽やか&ふんわりカラーで、暑苦しさは感じません。また、リネン素材であれば、軽くやわらかい風合いを活かしてシンプルに着こなすことで、真夏を乗り切ることができます。ワンピースにレギンスやパンツを合わせることもトレンドですが、マキシ丈のリネン素材ワンピースを際立たせるためにも、一枚でシンプルなファッションを楽しむことが一番です!色や形に丈が違えば、同じワンピースでも雰囲気は変わります。タイプの違うワンピースを数枚揃えておくと、この夏は重宝すること間違いなしです。

年齢に応じた服選びのコツとは!

年齢に応じた服選びのポイントを理解しておくことで上手に洋服を着こなせるようになります。20代・30代・40代など年齢別によって体型も大きく違いが出てきます。やはりアラフォー世代になると体型が区崩れ、お腹・お尻周りに脂肪がつき、全体的にお肉が垂れてくるのでどうしても体型カバーするような服装になります。そうした時、20代など若い世代は、ボディのラインがわりとハッキリした洋服を着こなすことで若さも感じますし、フレッシュな感じを演出することができるので、年齢にあった服装選びは肌の露出度や組み合わせによって変化を出します。特に若い世代は、ショートパンツなど似合うので、暑い時期など取り入れてみるとよいでしょう。かなりスッキリとした雰囲気になり、若さをアピールすることができます。アラフォー世代になったら大柄のデザインなど用いた服装を着たり、上質な素材でできた洋服選びなど様々な組み合わせをすることで、かなり素敵な大人ん女性になります。シンプルなシャツとスキニーで合わせるのもよいですし、ベルトやスカーフを活用しておしゃれな雰囲気を演出するなど、年齢に応じた組み合わせを行うことでスッキリした体型に見えます。